安定した賃貸経営をする方法|一括借り上げ制度を理解しよう

男の人と女の人

サラリーマンの方へ

積み木

サラリーマンにおすすめなのが、マンション経営です。まずはマンションの1部屋から経営を検討しましょう。マンションを経営する事で家賃収入を得る事が出来ます。これをマンション購入のローンに充てる事が出来ます。また出来るだけ若いうちに始める事をおすすめします。

選択肢を把握する

女性

投資初心者は、まず、様々な情報を入手するところから始めます。初心者でも簡単に始められるものからやってみましょう。FXや不動産投資などが挙げられます。駐車場経営は土地活用にもなるので、お勧めです。成功談なども参考にしてみましょう。

管理委託先を探す際の要点

集合住宅

管理会社にマンション管理を依頼するメリットは管理の手間を減らして、時間をお金で買える点、トラブル処理などを委ねられる点などです。実際にマンション管理の依頼先を決める場合、管理のノウハウがどれくらいあるか、優秀なフロントマンはいるかなどが判断のポイントになります。

賃貸経営安定に繋がる

住宅模型

契約内容を確認しよう

賃貸経営において一括借り上げ制度を利用することは、安定した賃貸収入を得られる大きなメリットがあります。賃貸物件を建築する際に一括借り上げ制度を同時に契約すれば、指定された契約期間内は安定し長い期間賃貸収入を得ることができるのです。また、管理も任せることが可能です。しかし、一括借り上げをしているからといって、全く賃貸経営のリスクがないというわけではありません。定期的な契約内容の見直しによって、一括借り上げの賃料は下がる可能性があるということまで考慮しなければならないのです。しかし、オーナーにとって一括借り上げ制度を利用したことは、不慣れな賃貸経営を行なう上で管理する手間を大幅に省くことができます。不動産デベロッパーの中には、管理会社を兼任しているケースも少なくありません。アパートを建築する段階から一括借り上げ制度導入を前提とした契約をすることで、不動産投資ローンを組んだ際にも、収益の見通しを立てやすくなるメリットがあります。一括借り上げが行われている賃貸物件は、定期的なリフォームを行うことで賃料の下げ幅をある程度抑えることが可能です。しかし、一括借り上げ契約があるからといって、リフォームを怠ってしまうと最終的に賃料の引き下げにつながってしまう恐れがあります。空室リスクを回避できる代わりに、賃料の維持にはある程度投資が必要になるでしょう。一括借り上げを行っている事業者側のみにリスクがのしかかる制度ではなく、5年単位などの契約条件見直しがあることを知っておく必要があります。